心といのちを考える講演会(平成24年9月)

演題「終わりよければ、と今を生きる」

  今回は阿見孝雄さん(日本尊厳死協会 東北支部副支部長)にお越しいただきました。
  ご自身の入院体験を踏まえてユーモアを交えながら穏やかな語り口で、人生の最後をいかに迎えるか
 といった示唆に富んだお話をいただきました。




会場はスタンバイOK!

開演前に恒例のコーヒーサロン開店、憩いのひととき



袴田会長の開会あいさつ

講師の阿見孝雄さん。来場者一人ひとりに語りかけるようなお話でした



袴田会長との対談から、会場との意見交換へ

皆さん、じっくりとお話に聴き入っています